2016年度活動計画

当日資料一括ダウンロードサイト(IDとパスワードが必要です)
論文/受講者募集プログラム
第136回研究発表会
2016年6月11日
國學院大学(渋谷)
論文募集
申込締切2016年4月15日(金)
原稿締切2016年5月13日(金)
プログラム
第137回研究発表会
2016年8月25,26日
公立はこだて未来大学(函館)
論文募集
申込締切2016年7月8日(金)
原稿締切2016年7月25日(月)
プログラム
第138回研究発表会
2016年12月3日
法政大学(小金井)
論文募集
申込締切2016年10月7日(金)
原稿締切2016年11月4日(月)
プログラム
第139回研究発表会
2017年3月3日
東京電機大学(北千住)
論文募集
申込締切2017年1月13日(金)
原稿締切2017年2月3日(金)
プログラム

2015年度以前の活動

第139回情報システムと社会環境研究発表会プログラム(3/3開催)

第139回情報システムと社会環境研究発表会(発表6件)

日程:平成29年3月3日(金)
会場:東京電機大学 東京千住キャンパス
   1号館4階情報メディア学科演習室
   http://web.dendai.ac.jp/access/tokyosenju.html
※入館手続きが必要です
1号館1階受付にて「IS研究会参加」の旨をお伝え下さい.
ゲストカードを受け取りましたらセキュリティゲートを通り,
エレベータで4階までお越し下さい.

【プログラム】
10:00-10:10 開会あいさつ、研究会について
主査:児玉 公信

●10:10-11:40 セッションI「一般」
(1)被監視感が主観的幸福度に与える影響:クラウドソーシングを用いた2回の調査から
後藤 晶(山梨英和大学)

(2)日本政府によるAPI公開の現状と課題
本田 正美(島根大学)

(3)熊本地震における避難所の同定手法の提案とそれを用いた支援政策に関する研究
舩越 康希(京都大学情報学研究科)

—昼休み—

●13:30-14:30 セッションII「一般」
(4)ISO/IEC/IEEE 15288:2015の情報システム構築にもたらす影響
雑賀 充宏(株式会社情報システム総研)

(5)プロジェクト従事者の行動特性と職務経験の関係について −業種による差異の比較−
三好 きよみ(筑波大学大学院ビジネス科学研究科)

●14:30-15:20 セッションIII「講演」
(6)企業の基幹システムの一般モデルと情報システムアーキテクチャ
児玉 公信(株式会社情報システム総研)

15:20-15:30 閉会あいさつ

第139回情報システムと社会環境研究発表会論文募集(1/13締切)

◆第139回情報システムと社会環境研究発表会 論文募集

平成29年3月3日(金)~4日(土)に東京電機大学東京千住キャンパスにて,
情報システムと社会環境研究会 第139回研究発表会を開催します.
テーマは「若手の会」です.卒業研究,修論研究の最終成果としての
発表を歓迎いたします.
「若手の会」発表者は「若手の会奨励賞」の対象となります.
合わせて,一般の方々の研究発表も広く募集いたします.
奮ってお申し込み下さい.

※「若手の会奨励賞」とは、学部生・大学院生または新入社員などの
若手の研究発表の中から、特にチャレンジャブルなものや斬新な研究を選び、
その発表者本 人に授与します。詳細は、次のURLをご覧ください。
http://ipsj-is.jp/award

日程:平成29年3月3日(金)~4日(土)

会場:東京電機大学 東京千住キャンパス
   1号館4階情報メディア学科演習室
   http://web.dendai.ac.jp/access/tokyosenju.html

発表申込締切:平成29年1月13日(金)6日(金)

原稿提出締切:平成29年2月3日(金)23:59厳守
※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります。
締切前の原稿の差し替えは何度でも可能です。
締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください。
また、フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます。
お早目にご投稿いただきますようお願い致します。

発表申込方法:
以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください。
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/IS/

※申込フォームの「研究会への連絡事項欄」に
(1)IS研究会メーリングリストへの登録可否
(2)「若手の会」対象かどうか(発表時に30歳未満か)

注意:
原稿のPDFファイルは,フォントを埋め込む必要があります。
投稿原稿の書式は「研究報告原稿(PDFファイル)作成について」を
参照ください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
原稿ページ数は,8ページ以内です。
締切日までは,何度でも原稿の再提出・差替ができます。

照会先:冨澤眞樹(前橋工科大学)
tomisawa@maebashi-it.ac.jp(@を半角に置き換えて下さい)

第138回情報システムと社会環境研究発表会プログラム(12/3開催)

情報システムと社会環境研究発表会 第138回研究発表会(発表16件)

日程:平成28年12月3日(土)
会場:法政大学 理工学部 小金井キャンパス 西館1F 遠隔視聴覚室
   〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2
    http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/koganei/

【プログラム】
[9:20-9:30] □開会挨拶

[9:30-12:00] ■一般セッション1
(1) 生体情報を用いたキャリアコンサルティングスキル習得支援に関する実験的検討(2)
  -心拍情報を加えた振り返り学習の支援方法について
  新目真紀,松本和重,松本暢平,原圭吾,不破輝彦(職業能力開発総合大学校)

(2) 新しいTQMの概念に基づく医療分野の総合的なマネジメント
  江崎和博(法政大学)

(3) IT技術者の成長プロセスの探索的検討-中堅段階までの成長に焦点をあてて
  三好きよみ(筑波大学大学院)

(4) 震災情報を考慮した観光情報提供システムの分析と開発
  萬直之,阿部昭博,市川尚,富澤浩樹(岩手県立大学大学院)

(5) インフラ保全向け点検優先度予測手法の研究開発と鉄道施設(道床)メンテナンスデータによる評価
  長谷川隆(日立製作所),石川雄章,長内圭太(東京大学大学院),
  吉田謙一,千田篤史(東日本旅客鉄道)

(6) Cyber Physical Production Systemsの動向
  堀雅和(株式会社インテック),今村誠(東海大学)

[13:00-15:05] ■一般セッション2
(7) 動物園における飼育記録の時系列に着目した主題分析
  吉田信明(京都高度技術研究所),田中正之,和田晴太郎(京都市動物園)

(8) 地域の差異に対応した農作物警戒情報伝達システムの開発
  佐々木優太,南野謙一,後藤裕介,渡邊慶和(岩手県立大学大学院)

(9) ソフトウェア開発プロジェクトにおける設計段階の品質と成功度の関係性について
  江崎和博,寒河江徹(法政大学)
 発表キャンセル

(9) 被災地訪問を伴う震災関連資料デジタルアーカイブシステムの運用方法に関する考察
  富澤浩樹,市川尚, 阿部昭博(岩手県立大学)

(10)センサデータを利用したタウンマネージメントのための局所的気象予測手法
  熊谷健太(東北大学大学院),内林俊洋,阿部亨,菅沼拓夫(東北大学)

(11)監視カメラの社会的許容度に関する一考察:監視に対する嫌悪感の根源をめぐって
  後藤晶(山梨英和大学),本田正美(島根大学)

[15:20-17:00] ■一般セッション3
(12)地方自治体におけるICTを用いた除排雪車位置情報システムの課題
  塩崎大輔,橋本雄一(北海道大学)

(13)産業情報システム論の対象領域
  本田正美(島根大学)

(14)避難所の変遷過程に関する研究
  舩越康希,畑山満則(京都大学大学院)

(15)PDSを用いた訪問看護のタスク割り当てとマッチング
  加藤綾子(文教大学)

[17:00-17:10] □閉会挨拶

「情報システムのデザインコンペ」参加のお誘い

  • post: 2016/09/16 12:02:41
  • modified: 2016/11/06 09:55:33
  • 関連情報

 当研究会は,情報システムのデザイン論に注目しています。昨年の情報システムのデザイン論シンポジウムでは,デザインコンペの教育的作用を知りました。デザインコンペとは,建築や製品デザインの領域で,発注者が条件を提示して応募してきた複数のデザインを競わせる活動です。応募者は自分の案に対する発注者の評価や,他者の案とのふれあいを通して相互作用的に創造を導くこと,すべての案を俯瞰して客観的に見る目を養うことができます。

 私たちは,これを情報システムの領域で実験的にやってみることとしました。情報システム学においても,それにふさわしい新たな共通問題を提示して,情報システムのデザインを競うことは,デザイナ自身の深い学びだけでなく,情報システムのデザイン論の構築にとって意義のあることだと考えます。

 コンペの場は3月の全国大会です。参加者募集の要項を次のページに掲載しました。ここから共通問題にリンクできます。趣旨をご理解いただき,ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。

開催概要:http://ipsj-is.jp/works/design-competition/
日時:
 2017年3月18日(土)13:00~15:00
会場:
 情報処理学会第79回全国大会(名古屋大学東山キャンパス)
 第3イベント会場(後日詳細)
プログラム:
 主催者挨拶 児玉公信(情報システムと社会環境研究会主査)
 基調講演「建築デザインにおけるデザインコンペの実際(仮題)」
  松岡拓公雄(亜細亜大学都市創造学部学部長)
 デザインプレゼンテーション ワールドカフェ方式
  講評 基調講演者,情報システムと社会環境研究会メンバ
参加費:
 無料(公開講座とします)
エントリ締切:
 2016年11月11日(金)4日(金)延長しました
デザイン提出締切:
 2017年2月28日(火)

第138回情報システムと社会環境研究発表会論文募集(10/7締切)

◆第138回 情報システムと社会環境研究発表会 論文募集

平成28年12月3日(土)に法政大学理工学部小金井校舎にて,
情報システムと社会環境研究会 第138回研究発表会を開催します。
皆様のご発表をお待ちしております。奮ってお申し込みください。

日程:平成28年12月3日(土)

会場: 法政大学 理工学部 小金井キャンパス 西館1F
   〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2
    http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/koganei/index.html

発表申込締切:平成28年10月7日(金)23:59

原稿提出締切:平成28年11月4日(金)23:59厳守
※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります。
締切前の原稿の差し替えは何度でも可能です。
締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください。
また、フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます。
お早目にご投稿いただきますようお願い致します。

発表申込方法:
以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください。
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/IS/

注意:
原稿のPDFファイルは,フォントを埋め込む必要があります。
投稿原稿の書式は「研究報告原稿(PDFファイル)作成について」を
参照ください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
原稿ページ数は,8ページ以内です。
締切日までは,何度でも原稿の再提出・差替ができます。

照会先:江崎和博(法政大学)
     kees959@hotmail.com(@を半角に置き換えて下さい)

検索
最新情報購読
メタ情報
モバイル向けQRコード

ページの上部に戻る